【第77回】2018年、Windows 7 パソコンはいつまで買えるのか

インターネットは便利に反面、不正確な情報が氾濫していることも少なくありません。

Windows 7 パソコンの購入可能時期に関する情報も例外ではなく、マイクロソフト社の方針が変わったにもかかわらず、インターネット上には不正確な情報が掲載されたままになっているので、正確な情報を発信致します。
当サイトの情報も一部古いものがあるため最新情報として掲載致します。

マイクロソフト社は、当初、2017年10月31日以降はWindows 7 の提供はしないとしていました。

しかしながら、いまだに需要が非常に多いことと、Windows 10 への移行がまだまだ進んでおらず、移行にもうしばらく時間がかかるため、方針を再転換しました。

結果、Windows 7 の提供可能期限が「2018年10月31日迄」再延長されました!!

正確には、「Windows 10 ダウングレード権行使によるWindows 7 professional プリインストールパソコンの提供」になります。

このマイクロソフト社の方針再転換をうけ、インターネット上のパソコン直販メーカーなら、Windows 7 professional プリインストールパソコンを、「2018年10月31日迄」購入可能です。

店頭販売しているお店ではWindows 10 搭載パソコンしか買うことができません!

しかし、インターネット上のパソコン直販メーカーなら、余裕でWindows 7 professional 搭載パソコンを購入することができるのです!!

最終的にはパソコンメーカーの提供方針に依存しますが、「2018年10月31日迄」は購入可能です。

「ダウングレード権行使によるWindows 7 professional プリインストールパソコン」を購入する非常に大きなメリットに関しては、当サイトの過去記事を読むことでよく理解できます。
過去情報になりますが、「ダウングレード権行使によるWindows 7 」関連情報を詳細に解説しているので参考になるはずです。

◆「ダウングレード権行使によるWindows 7 」関連情報 (※別ウィンドウで表示されます)

【第72回】2016年、Windows7パソコン最終出荷期限1年延長について考える

【第71回】2016年、Windows 10 ダウングレードによる Windows 7 パソコンを買う

【第54回】2015年、Windows10搭載パソコンを買うか、現在利用中のOSをアップグレードするかについて考える

【第52回】2015年、Windows10は買いか?

【第13回】Windows 8 ダウングレードによる Windows 7 を買う

尚、Windows 7 の延長サポート終了時期は「2020年1月14日」なので、どうしてもWindows 7 でなければならない場合をのぞき、そろそろ Windows 10 への移行も検討していく必要があるように思います

パソコン購入の参考になれば幸いです。

<< 「パソコンの賢い選び方」に戻る >>

<< New LaLaLaLand トップページに戻る >>

This entry was posted in パソコンの賢い選び方. Bookmark the permalink.

Comments are closed.